スポット情報金山城址

金山城址

カテゴリー 地域

※令和4年3月16日の地震により、金山城の石垣が崩れたため現在は立入禁止となっております。

標高120mの独立した小山が金山城址です。相馬氏の家臣により築城されましたが、天正12年(1584)伊達・相馬の争いで伊達氏のもにになり、その戦いで功績のあった中島伊勢守宗求が、大内、金山などの領地と城を与えられました。それから明治維新まで代々中島氏が城主となって、この地をおさめました。
※まるもり歴史散歩引用

歌碑 臥牛城覧古(がぎゅうじょうらんこ)

(訳)「城址にのこっている石垣などは草むらに深くおおわれてしまい、
吹く風の音もものわびしく真っ赤な夕日がまさに沈もうとしている。
視線を転ずると眼下に藩宋政宗公が初陣した矢ノ目の塁址が見え、
更に磐城(いわき)と陸前二国の秋景色を遥かに見渡す事ができ、
戦国時代のことが偲ばれ深い感慨(かんがい)にうたれる。」
(引用:攻めてくる敵を攻撃する機能!小斎城・金山城・丸山城 解説資料より)

スポット情報
スポット名称金山城址
よみかたかねやまじょうし
所在地 丸森町金山坂町20
問い合わせ先丸森町観光案内所
電話0224-72-6663

最終更新日: 2022年06月01日

舟下り予約

直売所マップ

グルメガイド

丸森町 ホームページ

移住・定住サポートセンター

創造センター


齋理幻夜


=ふるさと納税=

企業版ふるさと納税

ふるさと納税サイトさとふる

楽天ふるさと納税


=お知らせ=

猫神さま

画像等の使用に関するお願い

メールでのお問合せに関するご案内

広告

「元気!まるもり~」放送中!

  • TBCラジオで第1・第3金曜日16:40頃より放送予定!