スポット情報鎌倉山

鎌倉山

カテゴリー 地域
山頂に「羽山神」を祀り、
地元で「羽山さん」という愛称で親しまれている山です。「羽山神社」社殿の裏手西側の小道を下りて行くと
(断崖で柵など無いので注意が必要です)
「天狗の相撲取り場」と呼ばれる奇岩(花崗岩)があり、
天狗が荒修行をした場所と伝えられています。山頂の東側からの眺望は季節問わず美しく、丸森の集落や鹿狼山も望めます。

山頂には風情ある木造の社殿と、木造の鳥居があり歴史を感じさせます。
地元の皆さんが材料を担いで登り、自分たちで建てたそうです。

三角点は羽山神社から、南に100mほど離れた少し高い場所にあります。

登山道は3箇所あります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〇北側(南平)「鎌倉山登山口」
所要時間:片道60分位
駐車できる場所:鳥居周辺に3-4台可能

〇東側(佐野)「羽山登山口」
所要時間:片道60~90分位
駐車できる場所:佐野生活センター前に駐車スペースあり。

〇南側(黒佐野)登山口
所要時間:片道45分位
駐車できる場所:鳥居周辺の原っぱに駐車スペースあり。

※所要時間は個人差があります。
※駐車いただける場所は、正式な駐車場ではありません。
自己責任で管理いただき、共同スペースですので基本的社会ルールのもとご駐車ください。
※各所、トイレはありません。
=「羽山神」の言い伝え=
昔、亘理の金持ちの家に、人一倍働き者の心優しい飯炊き女がいた。
ある大凶作の年、飯炊き女が、日頃自分が蓄えてきた米、麦を村の人々に分け与えた。
これで多くの村人が飢えをしのぐことができたが、
自分の食べるものまで分け与えたので、女は死んでしまった。
この時、遠くから白い雲が下りてきて飯炊き女を乗せ、南の方に飛んでいった。
村人たちが追いかけて行くと、大内の鎌倉山に下りたので、
この山を作物の神「羽山様」として祀るようになったという(一部省略)」

参照:著書「まるもりの伝説」、郷土誌「羽山の里 佐野の今昔」

スポット情報
スポット名称鎌倉山
よみかたかまくらやま
所在地 丸森町大内字佐野
問い合わせ先丸森町観光案内所
電話0224-72-6663
ファクス0224-87-6616

最終更新日: 2020年06月11日

丸森こらいんツーリスト

丸森町 ホームページ

移住・定住サポートセンター

創造センター

創造センター

ふるさと納税サイトさとふる


=お知らせ=

画像等の使用に関するお願い

メールでのお問合せに関するご案内

メールでのお問合せに関するご案内

広告

「元気!まるもり~」放送中!

  • TBCラジオで第1・第3金曜日16:40頃より放送予定!