丸森町観光案内所ブログイベントリポート丸森和紙☆今年はじめての紙漉き。

丸森和紙☆今年はじめての紙漉き。

手漉き和紙工房宍戸さんで、
丸森和紙の今年初めてとなる紙漉き作業が行われました。

作業の安全を祈り、宮司さんによるご祈祷。

和紙の原料である「楮(コウゾ)」と「トロロアオイ」も
宍戸さんが栽培したもの。

12月中旬にカットした枝を大きな釜で蒸して、
ひとつひとつ手作業で皮を剥き、表皮を取り除いたものが、原料(白皮)になります。
原料を準備するまでも大変な作業工程です。

原料を舟(水槽)に入れて撹拌します。

冷たい水で手を赤らめながら、
昔ながらの道具をつかって、漉いていきます。

同じ厚さになるように、熟練の勘と技で、一枚一枚。

17歳から和紙の世界に入り、
82歳になるまで、真摯に向き合ってこられた紙漉き。
道具を巧みに使いこなす職人技は、実に美しいものです。

柔らかい肌触りと丈夫さが特徴の、丸森和紙。

和綴じの芳名帳や、葉書、便せんとして、
阿武隈ライン舟下りの売店や、あがらいん伊達屋さんで販売しています!
墨流しや、ヨモギ染めした和紙もあります。
仙台市の「瑞鳳殿」さんでは、参拝記念御集印の台紙として使われています~!!

どんな想いで紙を漉かれるのか、お聞きすると、
安心して暮らせるご時世になって
和紙を扱うお店も、自分のような作り手も、みんなが幸せになれたら。
と宍戸さん。

1/19には、毎年、宍戸ご夫妻が楽しみにされている
丸森小学校の子どもたちと卒業証書づくりがあります。
「紙を漉く文化が丸森にあること。それを知ってもらえるだけでもいいんだ」

宍戸ご夫妻の想いが、子どもたちに、
丸森和紙を手にする皆さんに届きますように☆

@りん

(古)前の記事:

(新)次の記事:

丸森こらいんツーリスト

丸森町 ホームページ

移住・定住サポートセンター

創造センター

創造センター


=ふるさと納税=

企業版ふるさと納税

ふるさと納税サイトさとふる

楽天ふるさと納税


=お知らせ=

猫神祭

猫神さま

画像等の使用に関するお願い

メールでのお問合せに関するご案内

広告

「元気!まるもり~」放送中!

  • TBCラジオで第1・第3金曜日16:40頃より放送予定!