丸森町観光案内所ブログ季節の話題オオカミの月と石碑と木像と

オオカミの月と石碑と木像と

ブログカテゴリー

昨日は2021年最初の満月でしたね。
アメリカの先住民は各月の満月に名前を付けていたそうで、1月の満月はウルフムーン(狼月)と呼ばれているそうです。
そんなウルフムーンが昨日の帰り道で見えたので、阿武隈川沿いの道で撮影。


夜にウルフなんて聞くと、なんとなくその光に妖しさを感じてしまいますが、夜空はすっかり晴れわたっていました。


からの、次の日には


あれ、降雪の予報なんてあったかな?
まさか町なかでも10cmほど積もっているとは。
おかげで午前中のほとんどは雪かき作業となりました。


さて話が雪の方へそれましたが、丸森町には猫の石碑の他にも珍しい石碑がいくつかあります。
その一つがオオカミの石碑です。
下の写真は大内地区の鬼ヶ柵山神社のものですが、こちらの石碑、ご覧の通りオオカミの上に三日月が彫り込まれているのです。
まさにウルフとムーン。(写真は2016年撮影)


そして大内地区にはオオカミの木像も残されています。
写真は熊野神社の境内の中にある山神社へ奉納されているオオカミ像3体。
(2017年撮影)
こうした丸森のオオカミ信仰は、お隣の福島県飯舘村の山津見神社から伝わってきたものと考えられています。


石碑や木像として信仰の証が残っている丸森町。
妖しい月の夜には、そんなオオカミさんに出会ってみたいものですね♪

~おまけ~
本日の雪かきの成果、雪の猫ちぐら!

@まと

(古)前の記事:

(新)次の記事:

丸森こらいんツーリスト

丸森町 ホームページ

移住・定住サポートセンター

創造センター

企業版ふるさと納税

ふるさと納税サイトさとふる

ぐるっと丸森キャンペーン


=お知らせ=

猫神さま

画像等の使用に関するお願い

メールでのお問合せに関するご案内

広告

「元気!まるもり~」放送中!

  • TBCラジオで第1・第3金曜日16:40頃より放送予定!