丸森町観光案内所ブログ季節の話題丸森和紙の初漉き✩

丸森和紙の初漉き✩

ブログカテゴリー

新春恒例の「丸森和紙」の初漉きが行われました。

 天然のトロロアオイを原料に使用するため

和紙を漉くのは、冬季の3月頃まで。

冷たい水の中での作業に手を赤らめながら
ゆっくり、無駄のない動きで1枚1枚丁寧に漉いていきます。

原料となる楮を育てるところから、

48工程を経てできる和紙はすべて手作業で進められます。

約400年の伝統がある丸森和紙は、
丈夫で柔らかな風合いが特徴。

「100年後も200年後にも残るような紙を漉いていきたい」
と宍戸さんは力強く語っていらっしゃいました。

17歳でこの世界に入り、紙漉きを続けてもう60年以上になるということですが、
「後継者がいなくてな」と寂しそうな表情を時折見せながらも、
「丸森和紙の伝統を守りたい」
という職人の熱意が伝わってきました。

丸森和紙は
伊達政宗公霊屋「瑞鳳殿」の御集印としても使われています。
丸森和紙の魅力に魅せられ、全国からお問合せもあるそうですよー。

丸森町内では、齋理屋敷などで販売しておりますので
ぜひ優しく触れてみてくださいね。

@りん

(古)前の記事:

(新)次の記事:

丸森こらいんツーリスト

丸森町 ホームページ

移住・定住サポートセンター

創造センター

創造センター

ふるさと納税サイトさとふる


=お知らせ=

画像等の使用に関するお願い

メールでのお問合せに関するご案内

メールでのお問合せに関するご案内

広告

「元気!まるもり~」放送中!

  • TBCラジオで第1・第3金曜日16:40頃より放送予定!