丸森町観光案内所ブログイベントリポート(番外編)全年齢混合 石投げトーナメント大会

(番外編)全年齢混合 石投げトーナメント大会

ブログカテゴリー

10月27日(土)、早朝からの強い雨の影響を受けて、予定していた第18回全日本石投げ選手権大会は中止となりました。
しかし予定されていた開始時刻には、川へ向かって石を投げる人たちがわりといらっしゃいました。


川へ向かって石を投げ続ける人々、例え大会が中止されていてもその熱気を感じられる程の真剣な一投一投。


そんな中でせっかくこれだけ集まったのならばと、簡単なトーナメント大会が催されることになりました。
公式大会は9部門(年齢別)と飛び入り部門に分かれますが、今回は全年齢混合で行われました。
ある意味、無差別級のチャンピオンを決める大会です。


それでは試合開始!


雨にも負けずにいらっしゃった参加者の皆さま、いずれも劣らぬ腕前ぞろい。
自分なりのフォームがしっかり出来上がっています。


丸森の石投げ名人から聞いたところ、コツの一つはスピンをかけることだそうです。
そうするとこのように、石が水を切るように水面を走ります。


切られた水面の軌跡、岸からそうとう離れた先まで伸びています。
この着水する度に水面から跳ね上がる石は、見てるだけでもとても楽しめるものなのです♪


競技を終えて、これだけ集まっていただいた皆様にいも煮やおにぎりのお振る舞いもされました。


そしてもう一品、なんと内川で釣られたヤマメの塩焼きです!
内川の釣り師が釣ったものでして、身が柔らかく食べやすい。
川の恵みを堪能させていただきました♪


その他、子ども達には石のお絵かき体験もありました。
上手に描けたみたいですね♪


さて、エキシビション的な大会でしたが優勝したのは橋本さんでした!!
実は大会記録の18回を持っている橋本さんですが、今回はその記録を越える19回という一投を投げたそうです。
来年以降の大会参考記録として、皆さまの目標になるでしょう!


なんとなくいつもの石投げ大会のようになってしまいましたが、阿武隈川と触れ合う楽しみを感じてもらえた一日になりました♪


~おまけ~
今回中止になったにもかかわらず、耕野のハチミツの試食をご提供いただいた石塚養蜂園さんから小粋なプレゼントがありました。
からし菜の種をお帰りの皆さまにお渡しいただき、それをこの河原へと蒔いてもらうという試み。


来年の春には、この辺りに黄色い花が咲くことを楽しみにしてみましょう!

@まと

(古)前の記事:

(新)次の記事:

丸森こらいんツーリスト

丸森町 ホームページ

移住・定住サポートセンター


メールでのお問合せに関するご案内

求人情報


ふるさと納税サイトさとふる

広告

「元気!まるもり~」放送中!

  • TBCラジオで毎週金曜日16:40頃より放送予定!