丸森町観光案内所ブログイベントリポート第28回「奉射祭」開催

第28回「奉射祭」開催

ブログカテゴリー

今年で28回目を数える小斎伝統の「奉射祭(やぶさめ)」。この行事が行われるといよいよ春が目の前だと感じます。
さて、今回は前日の夜に行われる前夜祭からお邪魔してみました。

3月10日(土) 前夜祭
夕闇の中、浮かび上がるのは弓士たちの堂々とした姿。


観衆の方が震え上がるような気温でしたが、明日に神事を控えた弓士たちは頼もしい限り。
水垢離のなか、早くも声と水をかけ合っていました。


傍から見ると、お湯に浸かっているかのように余裕の弓士たちですが、正真正銘の真水に浸かっております。


その後は駈足。水に浸かった後だと、まさに身を切るような寒さを感じていることでしょう。


そして鹿島神社にて謡曲を歌い上げました。この後は宿舎にて名乗り合いを行い、明日への意気を全員で高め会い合います。


3月11日(日) 奉射祭 本祭
当日も朝に水垢離が行われておりますが、今回は割愛。鹿島神社の境内にはたくさんの方が訪れておりました。


まずは御神的神事。宮司の放った矢が的に当たった場所によって、今年1年の天候を占います。


今年の結果はこのようになりました。どうやら晴れがちな1年となりそうです♪

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

続きましては巫女舞子ども奉射祭と行われます。



そして登場しました弓士たち。10人が立ちならんだ様はとても壮観です!


まずは大的射礼です。18メートル先の大的を狙い、10人で合わせて60本の矢を射ります。
今回は57本の的中となりました。


そして的中させるのはとても困難なかりがねの的射礼です。28メートル離れた30センチほどの的を狙います。
10人で合わせて100本の矢を射りますが、果たしてどれだけ的中するのか?


放たれた矢は宙を走り、


かりがねの的を射抜きました!


この時の写真を拡大してみると、確かに矢が的に命中しているのが分かるかと思います!
「あた~り~」という合図が聞こえた時だったので「もしかして?」と思いましたが、とても良いタイミングでしたね♪

    

今年は昨年を上回る100本中32本の的中となりました!この後は目録授与、高校生射礼、子ども弓士体験と続きました。
10人の弓士が害鳥となるかりがねを退治してくれたので、今年の豊作祈願もバッチリですね♪

@まと

(古)前の記事:

(新)次の記事:

丸森こらいんツーリスト

丸森町 ホームページ

移住・定住サポートセンター


メールでのお問合せに関するご案内

求人情報


ふるさと納税サイトさとふる

広告

「元気!まるもり~」放送中!

  • TBCラジオで毎週金曜日16:40頃より放送予定!