丸森町観光案内所ブログイベントのご案内丸森町にタンチョウを

丸森町にタンチョウを

ブログカテゴリー

丸森町には県内でも大変珍しい「鶴供養碑」が3基残されています。どれも江戸時代の
頃に建立されており、当時はここに鶴が生息していたことを物語っています。

大内地区 岩城の鶴供養碑  「靏」雨冠に鶴という異体字で書かれているそうです。


大内地区 黒佐野の鶴供養碑


大内地区 東福田の鶴供養碑


環境の変化からかいつしか鶴は姿を消してしまいましたが、大内地区の有志の方々が
この地にタンチョウを呼び戻そうと「タンチョウ復帰を考える会」を設立して活動を
続けております。そして今回、その活動をもっと多くの皆さまに知っていただくため、
また自然を守りながら観光や農業の活性化につなげてゆくためにシンポジウムを
開催することになりました。

丸森町にタンチョウを ~タンチョウ復帰による地域活性化を目指して~


※内容の詳細は上記チラシをごらんください。クリックするとPDFファイルが開かれます。

日時:2017年12月17日(日)
会場:丸森まちづくりセンター 2F大集会室
   宮城県伊具郡丸森町字鳥屋120
参加費:無料 定員300名
    申込不要 直接会場へお越しください
お問合せ:タンチョウ復帰を考える会
     代表 梅津正喜 
     TEL/090-2796-9160

@まと

(古)前の記事:

(新)次の記事:

丸森こらいんツーリスト

丸森町 ホームページ

メールでのお問合せに関するご案内

広告

「元気!まるもり~」放送中!

  • TBCラジオで毎週金曜日16:40頃より放送予定!