丸森町観光案内所ブログイベントリポート齋理屋敷にて「MARUVELO」が開催されました

齋理屋敷にて「MARUVELO」が開催されました

ブログカテゴリー

サイクルフェスタ丸森と同日開催をした、自転車と旅の日「MARUVELO」。
当日はお天気にも恵まれ、暑いくらいの青空の下イベントが開催されました。
その様子を少しですがお伝えします!


オープン前。
新館前の庭では着々と準備が進んでいました。
出展される方々のドレスコードは「白」ということで、青空と芝生の緑の中に輝くような純白が映えていました。


こちらは丸森の野菜チームも準備万端!
その他にも、ふれあい農園、古本のスローバブックスさんも出店していました。


午前10時。
待ち構えていたお客様が開園を知らせるベルの音とともに続々と入場していきます。


いつもとは違う雰囲気の齋理屋敷に驚いた方もいらしたのではないでしょうか?
白いテントにお日様の光が反射して、どこか別の国へ迷い込んだようでした。



耕野の「スローバブックス」さん。
ロバのジャムさんはお家でお留守番とのことでしたが、小さなジャムさんがいましたよ♪


庭舞台からはアコースティックギターのミニライブが催され柔らかな音色が、まさに会場の雰囲気にぴったり!


JALによる「折り紙ヒコーキ教室」は満席になる盛況ぶりで、臨時に外テーブルでも講座が行われていました。


パイロットに教えてもらえて、きっと素敵な思い出になったことと思います!


「MARUMORI Cat Gallery」では、丸森和紙に描かれたたくさんの”猫”を見ることが出来ました。


どれもアーティスティックな作品ばかり!


「自転車と旅の日」と題されるこのイベントでは、サイクリングウェアのお店「Rapha」が出店。
多くのサイクリングファンも訪れていたようです。

マーケットブースには雑貨や、紅茶、本、パン、ワイン、カレーなどなど様々なお店が並びました。
紹介しきれないのでハイライトでお届けします!











耕野地区の「みんなのリンギョウ」チームの作品が会場にとても馴染んでいたのも印象的でした。
自然から生まれたものは、やはり自然のなかが一番輝いて見えますね。

陽射しも落ち着き始めたころには、会場の空気も穏やかになっていました。


ピアノのコンサートに耳を傾ける人や、

芝生に座ってゆっくり話をする様子が見られました。


一日限りのイベントでしたが約2500人と本当に多くのお客様に丸森町へ足を運んでいただきました。
同日開催したサイクルフェスタ丸森の様子は、下記のリンクより見ることができます。
合わせてご覧ください♪

サイクルフェスタ丸森2017の様子はこちらから

(古)前の記事:

(新)次の記事:

丸森こらいんツーリスト

丸森町 ホームページ

メールでのお問合せに関するご案内

広告

「元気!まるもり~」放送中!

  • TBCラジオで毎週金曜日16:40頃より放送予定!