丸森町観光案内所ブログその他東北南部のオオカミ信仰

東北南部のオオカミ信仰

ブログカテゴリー

「丸森町文化財友の会」の研修会で、東北南部のオオカミ信仰について
講演が行われると聞きまして、お勉強に行ってきました!
講師は村田町歴史みらい館の石黒伸一朗さんです。

DSCN9348

石黒さんは丸森町内で猫神さまのことを調査していた時に、オオカミの木像・
オオカミの石碑などを見つけられたのだそうです。今回の講演にはその木像を
会場で見ることができました。
(猫神さまについては詳しくはコチラから → 猫の町まるもり

DSCN9381

実はこの木像は発見された時はシロアリの食害を受けて保存状態は
良くなかったそうです。それを東北芸術工科大学の文化財保存修復センターに
お願いをして1年かけて保存処理を行ったそうです。

DSCN9378

丸森町は飯舘村の山津見神社に近く、そのオオカミ信仰が伝わって
いたのだそうです。山津見神社にはオオカミの天井絵がありましたが、
火災によって消失してしまいました。
ですが、この度多くの人の協力によりその天井絵が復元されまして、
福島県立美術館にて復元天井絵展が開催中です。
開催は7月3日(日)までですので、興味がおありの方はぜひ行ってみてください。

~おまけ~

オオカミの講義を受けたところで、いざフィールドワークへ!
大内地区にオオカミの石碑があると聞いたので実際に見に行きました。

DSC_9698

こちらは大内の鬼ヶ柵にあるオオカミさん。三日月にオオカミという
とても趣があるものでした♪

@まと

(古)前の記事:

(新)次の記事:

丸森こらいんツーリスト

丸森町 ホームページ

メールでのお問合せに関するご案内

広告

「元気!まるもり~」放送中!

  • TBCラジオで毎週金曜日16:40頃より放送予定!