丸森町観光案内所ブログ生産者情報手漉き和紙工房 宍戸さんで、平成27年になって和紙の初漉きが行われました

手漉き和紙工房 宍戸さんで、平成27年になって和紙の初漉きが行われました

ブログカテゴリー

kamisuki1手漉き和紙工房 宍戸さんに足を運ぶと工房内では祈祷が行われていました。伝統の行いで、毎年正月に開かれています。

▼こちらが年が明けて初めて漉く和紙。伝統ある丸森和紙の品質をもっと高めるのが目標とのこと。

kamisuki2

▼漉いた和紙を重ねる作業は、まさに匠。これは是非生で見ていただきたいです。
kamisuki4

▼漉いた和紙がどんどん重ねられていきます。午後には倍以上の量になっていました。
kamisuki3

▼今回は和紙についてちょっとだけ詳しくご紹介します!以下の写真に写っている植物は「トロロアオイ」といい、秋には黄色の花を咲かせ2メートル近くまで伸びます。
kamisuki5

▼和紙の原料のひとつとして使われるのはトロロアオイの根で、1本からだいた長さ15センチのものが取れます。この材料をすり潰し混ぜることによって、粘度のある液体ができ、その特性から水中で繊維を分散・浮遊させることができます。キレイな1枚を仕上げるためにとても重要な役割を担っているんですよー。
kamisuki6

他の材料についてはまた次の機会にご紹介します!

(古)前の記事:

(新)次の記事:

丸森こらいんツーリスト

丸森町 ホームページ

丸森町工事のお知らせ

広告

「元気!まるもり~」放送中!

  • TBCラジオで毎週金曜日16:40頃より放送予定!